環境保全Environmental Preservation

HOME > 環境保全> 省エネルギ-への取り組み

省エネルギ-への取り組み

1. エネルギ-改善推移

合同製鐵では、過去より省エネルギ-への取り組みを推進しております。
平成26年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画で示された方針
「徹底した省エネルギー社会の実現と、スマートで柔軟な消費活動の実現」
を受け、検討、省エネ技術の開発、省エネ設備の導入等をグループ会社を含めたグループ全体で 進めております。

全社エネルギー消費状況

2. 省エネ活動組織体系

  • エネルギー管理総括者の下、各所エネルギー管理者を中心に省エネルギー活動、省エネ設備の導入に取り組んでいます。
  • これら改善活動や設備投資は「合同製鐵グループ会社」を含むグループ全体で水平展開を行い、技術情報の共有化により、活用の効率化を行っています。
省エネ活動組織体系図

3. 省エネ設備投資中長期計画事例

  • 高効率助燃バーナー
  • 加熱炉リジェネバーナー
  • ダイレクト圧延設備
  • 鍋予熱酸素バーナー
  • 集塵装置省エネ改造
  • モータ-のインバ-タ-化
  • ポンプの新鋭化と能力最適化
  • 天井照明省エネ化

エネルギー合理化活動事例

  1. 会議体事例
    所内課題検討会(各部署1回/月)
    設備予算申請(4回/年)
    横断的技術交流会(4回/年)
  2. 行事事例
    所別に「省エネ改善事例」を表彰
    (発明・業務改善社長賞:2回/年)